コンセプト

Pocket

私は2014年に「注意欠陥多動」強め「自閉あり」と診断をされた社会福祉士でした。当時は行政委託の高齢者の相談支援事業をしてきましたが、人間関係でつまづき、退職とともに発達障害者の自分と向き合っていきました。

大学卒業以来、あちこちで衝突をしながら、働き続けて来ましたが一旦休職し、発達障害者支援の専門職、精神保健福祉士を目指して、「障害当事者の立場」と「専門職の視点」で生き方を模索していきました。

その模索を記録したものが初代ブロク「発達障害者である専門職のブログ」です。

精神保健福祉士に無事合格してからは、行政委託の精神障害相談事業所で働きました。障害を開示(オープン雇用)するのではなく、障害を伏せて(クローズ雇用)で表向きは働いていました。相談員としてのスキルを磨きながら、日本ではまだ定着していない、発達障害当事者の相談員としての独立を目指して息巻いていました。

その意気込みにあふれて迷走していた時期が2代目ブログ「発達障害者である専門職のインディペンデンス」です。

しかし、当初の勢いとは裏腹に次第に更新は衰えて、約2年間放置をしていました。

自分の発達障害の受容と開示を目指していたはずでしたが、、、

空白の2年間、私は発達障害という自分をクローズにして社会に出ていました。

市から委託された精神障害専門の精神保健福祉士として相談員をしながら、

PTA会長を引き受け、かけもちで発達障害児の放課後等デイサービスで児童支援を行っていました。

クローズにしながらも相談者、利用者には同じ障害を持つものとしての、感情の機微や表現できない想いを読み取ることが出来ました。その人の強みと可能性、本当の願いを理解をして希望を語るなかで、多くの相談者を居場所につなげられました。

自分が障害を開示しなくても、共感し希望を語ることでピア(仲間)な相談支援を行うことが出来ました。

関連記事:発達障害者である専門職のクローズ雇用

PTAの任期終了とともに、放課後等デイサービス一本にしぼり、副責任者の立場で走ってきました。過激な高学年児童が多く、なぐられ、けられ、罵られることが日常でしたが、こども達の未来の為に必死に向き合ってきました。

しかし、ポシャってしまいました。

利用者と施設への想いから管理者への直言をズバズバ言って施設は良い方向にむかっていきました。

発言への責任・サービスの質の向上を目指して走り続けているうちに、いつしか自分だけが4倍程の仕事を抱えていきました。

合理性を追求するあまり、心に隙やあそびが持てず、浮いてしまう自分を感じながら、こども達からの信頼は厚く、多くの児童から父親の様に慕われ成長を託されるなかで無理をしてしまいました。

私の声かけだけを聞く児童が増える一方で、逆にスタッフとの溝を深めていってしまいました。

そして、キャパシティを超えてミスが出て来たことに対して、ダメ出しや、感情的な叱責を受けて、燃え尽きてしまいました。

それまでは、どんな逆境や苛立ちも前を向いて乗り越える力に変えられたんですが、考える力と意欲を失ってしまったんです。

発達障害受容から4年、まっすぐと発達障害の理解と支援の道を進む形で、現場での支援を続けてきましたが一旦とん挫です。

スポンサー広告

REとは?

タイトルである「RE」とは、その後に続く道の未知数さを表しています。

Recede 「後退」になるのか

Reborn「復活」になるのか、あるいは

Revolution「革命」の道になるのかわかりません。

発達障害者の視点をもちながら支援を行ってきたことを

Record「記録」し

Recovery「障害を受容して自分らしく生きる」ことを目指していきたいと思います。

とりあえずは、自分の目指してきたものを別の形で社会に返す為

Restart「出直し」をします。

関連記事:発達障害者はググればいい

関連記事:Googleに感謝をこめて

フォローする

コンセプト” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す